だれでも育てられるきれいのタネ

40歳過ぎてからでも遅くない!何歳からでも若返れる!

お尻がきれいな女性

スポンサーリンク

こんにちは!ぐりこです。

アンチエイジングには筋肉必要と度々お話しさせていただいていますが、今回はそれを裏付ける、素敵な方々をご紹介します!

ぐりこ
ぐりこ

これを見たら「今更遅い。」というセリフは言えなくなるよ!

スポンサーリンク

50歳を超えてもきれいすぎる方々

ウェンディー・アイダさん

こちらの女性は、撮影当時64歳のウェンディ・アイダさん!

ウェンディ・アイダ

なんてことでしょう!

とても64歳とは思えない、素晴らしいお身体!

(出典 news.com.au )

ワークアウトは43歳以降に始め、毎日1.5~2時間ほどされているそうです。

今は71歳だと思うのですが、1年半前のTwitterの投稿はこちらで、とてもアラセブには見えません

ご自身のお子さんと並んで歩くと、アイダさんの方が若く見られるんだそう!

アイダ様、あっぱれです!

荒井真由美さん

お次は“ボディコンテストの登竜門”として誰でも参加ができる「マッスルゲート」65歳以下級で優勝した荒井真由美さんです。

撮影時の年齢は53歳

上半身が20代の方と比較しても劣らなそうなぐらい美しいですね。

(出典 FITNESS LOVE

荒井さんは47歳の時に体型の崩れを感じてトレーニングを始められたそう。

食事へのこだわりは「とにかくタンパク質を摂ること!」で、好きな食べ物もプロテインだそうです笑

樫木裕実さん

最後はわたしが最もリスペクトする樫木裕実先生です!

樫木先生は言わずもがな、カーヴィーダンスの生みの親であり、現役ボディメイクトレーナーです。

樫木先生も、もう60歳だそうな。

なのに、なんですか!この素晴らしく女性らしいくびれは!

アゲハ
アゲハ

本当に!筋トレしまっくっているようなゴツい身体でもなくて、きれい!

女性らしい身体作りにおいて、樫木先生の右に出る者はいないと思います。

先にご紹介したアイダさんや井上さんも素敵なのですが、みなさんそんなにマッスルBODYを目指そうと思わないですよね笑

樫木先生は以前からダンサーとしても、パーソナルトレーナーとしても活躍されているので、歳を重ねてからこの体型になったわけではないです。

でも、パーソナルトレーナーとして身体のことを理解して、自らもトレーニングしているからこそ、この体型が維持できているのだと思います。

ぐりこ
ぐりこ

まさに努力のたまもの!

やっぱり若返りには運動!

以上のように、やっぱり歳を重ねても若々しい方々はしっかり運動して、ある程度筋肉がついていますよね。

そして、筋肉があればいいことがたくさん!

ぐりこ
ぐりこ

例えばこんないいことが!

  • 脂肪が燃えやすくなる
  • 身体のラインがきれいに見える
  • 活力(スタミナ)が落ちない

筋肉を鍛えることは見た目にも関係しますが、ご自身の自信にもつながります

エネルギッシュな自分でいることが、モチベーションが上がる要素にもなるし、人生を楽しむ要素にもなります。

アゲハ
アゲハ

何歳になっても、行きたい場所へ自分の足で行けるようにするっていう意味でも、身体のトレーニングは大切だよね。

スポンサーリンク

身体を鍛えれば、顔の筋肉も鍛えられる

身体を鍛えれば自然と顔の筋肉も鍛えられます

なぜなら、トレーニング中は自然と顔の筋肉も動かすからです。

きついトレーニングをすれば、苦しい表情になったり、がんばるぞっていう引き締まった表情になったり。

それが表情筋をいつも以上に豊かに動かすこととなり、その結果、お顔も引き締まるのです。

ZUMBAのような楽しいトレーニングだとあまり表情筋を使わないかもしれませんが、全力で踊るとかなりきついので、その場合表情筋も鍛えられると思います。

まとめ

以上、いかがでしたでしょうか?

わたしがこの方々を紹介したのは、筋肉と美の密接な関係をお伝えしたかったからです。

お肌のハリのおおもとはコラーゲンやエラスチンといった成分ですが、筋肉でもハリはつくれるんです。

だから、老いていくことに、ただただ年齢を言い訳にはしないでほしいなと思っています。

ぐりこ
ぐりこ

やりたくないことはやらなくていいけど、目標や願望があるなら、それに向かって努力してほしい。

簡単なことではないですが、人生100年時代と言われている今、100歳まで楽しく生きるために筋肉は必須です。

美容のことはさておいても、健康のために、ご自身の身体のことを考えてみて下さいね。

アゲハ
アゲハ

次回は「老化の進行を左右する!主観的年齢とは?」をお送りします。

主観的年齢とは、自分で自分のことを“まだ若い”と思うか、“歳だな~”と思うかのことです。

その考え方によって、健康や寿命に影響があることが、研究によって証明されているそうなのです。

わたしはその主観的年齢、見た目年齢にも影響するんじゃないかと考えます。

自分のことを若いって思えれば、考え方もポジティブになれそうだし、表情から若くなれるんじゃないかなって。

そんな、わたしの個人的な考えも含めて主観的年齢についてお伝えしたいと思います(*’ω’*)

それではみなさんが、若々しく過ごすきっかけとなれればうれしいです!

スポンサーリンク