「すきま時間」で見た目年齢マイナス10歳!

理想の自分と現実の自分

ビフォーアフター

こんにちは!ぐりこです。

今日は美容の理想と現実

みなさんは美容に関して自分がどうなりたいっていう理想はありますか?

ぐりこ
ぐりこ

わたしは自分が納得できる若々しさを保つことが目標だよ!

理想がある方は、今のご自身と比較してどうですか?

理想に近づいていっているでしょうか?

まだ遠いでしょうか?

理想に近づくためのプロセス、わかっちゃいるけど、行動に移すのは難しいですよね。

そんな方に何とかして行動してもらえるような内容を、ここでお伝えできるようがんばってみます!

スポンサーリンク

願望と行動力

まず、ご自身の理想があるとして、今の現状は目標に近いご自身ですか?

日々の努力で目標に近づいている方はもうこの記事は読まなくて大丈夫です(^^)

近づいていない方は今から計画を立てて実行するところ?

実行しているけど、なかなか成果が出ない?

多くのきれいになりたいお客様を見ていて思うことは、「理想はあっても、それに向かってそこまでの努力はしていなさそう」ということです。

瘦せたい』『二重あごを何とかしたい』『たるみをどうにかしたい』

でも、それに向かって真剣に行動しなければ、今とそこまでは変わらないのです。

今の自分に至った道のり

ところで、今のご自身はどうやってつくられたと思いますか?

生まれたばかりのご自身は、例えるなら磨けば光る原石ですね。

原石は磨き方次第で、成す形は様々。

長い間生きていく中でたくさん磨かれて削られて、今のご自身になっていると思います。

わたしの尊敬する「米倉涼子」さんは、5歳から20歳まで15年もの間、クラシックバレエを習っていたそうです。

アゲハ
アゲハ

あの素晴らしい姿勢は、まさに米倉さんの生きる道のりの中で培われたものなんだね!

ぐりこ
ぐりこ

もし米倉さんがレスリングの吉田沙保里さんのような人生を送っていたら、今の米倉さんにはお目にかかれなかったよね。

吉田沙保里さんが米倉涼子さんをお姫様抱っこ!(出典 クランクイン!より)

つまり、何が言いたいかというと「ぽっちゃりしているご自身」も「冷え性のご自身」も「筋肉ムキムキのご自身」も、みんな自分が作り上げてきた自分なんだよってことです。

スポンサーリンク

変化を望むなら、今までのあたりまえを変えなければいけない

瘦せたい』『二重あごを何とかしたい』『同年代の人と比べて顔がたるんでる、どうにかしたい』

例えばこのような悩みがあったとして、元をたどればこの悩みを作ったのはご自身です。

知らず知らずのうちにとは言え、今までの生活の中に、このような結果につながる理由があったはずです。

ぐりこ
ぐりこ

わたしはすっごい冷え性で。

夏でもホットドリンクしか飲まないほど寒がりだったの。

冷えすぎて足首が痛かったことも・・・。

原因は内股だったのと、運動不足で筋肉量が少ないせいだったよ。

だから、悩みを解消したいのであれば、今の生活の中で悩みのもととなっているものを探し出し、その悩みのもとを撃退しなければなりません。

痩せにくい体質大きい筋肉を鍛えて基礎代謝を上げる。

二重あごあご下の筋肉を表情筋トレーニングで鍛えて引き締める。

顔のたるみ表情筋を鍛えたり、だらしない姿勢をとらない。

一例として上記の内容を挙げてみましたが、食べ過ぎて太っていたり二重あごになっている方は、生活習慣の見直しも必要になります☝

ぐりこ
ぐりこ

わたしはまず内股を直したんだけど、24時間寝ているとき以外は内股にならないように意識してたよ!

それでむくみにくくなったし、今はエアコンが効いた店内にいても冷たい飲み物を頼んじゃうほど体質改善したよ!

こんな感じで、理想の自分に近づきたかったら、何かしら今までの当たり前を変える必要があるんです。

ちなみに内股と冷えの関係はこの記事で読めます

脚のむくみを気にする女性 女性ならではの癖を直してむくみ改善!

変え方がわからないときは

「理屈はわかったけど、実際どうすればいいのかわからない」って方は、大丈夫です。

わたしでよければ相談に乗ります。

問い合わせフォームからご連絡ください。

もちろん答えられない内容もあると思いますが、一般の方よりは幅広い知識や考えを持っていると思います(^^)

また、このブログでこれからもみなさんが悩んでいそうな事の解決法をお伝えしていくので、ブログの内容を片っ端から実践していけば、いつの間にか大変身しているかもしれませんよ!

食べるのを我慢できないとか、運動は全くする気になれないとか、そういう方へのアドバイスは当たり前の回答になることはご承知おき下さいませm(_ _)m

スポンサーリンク

まとめ

それでは今回のおさらいをしてみましょう!

  • できればこうなりたい!って理想像があっても、それに向かって真剣に行動している人はあまりいない。
  • 今の自分は、今まで生きてきた道のりの中でつくられている。
  • 今の自分を変えたければ、今までの当たり前を変えなければいけない。

以上、いかがでしたでしょうか?

自分を変えるのって難しいですよね。

でも、わたしは30代後半からかなりの体質改善を成してきました。

ぐりこ
ぐりこ

体質改善しようと思っていたわけではなかったけど、結果、変わってたってこともあるんだけどね。

やっぱり30代半ばも過ぎれば色々気になるようになり、変わりたいって気持ちが強かったからそれなりに努力して。

だから、なんと20代の頃よりも納得できる自分でいられているんですよ。

よく言われることですが、何かを始めるのに「遅い」って言葉はないです

変わりたいって思った日がスタートです。

明日の自分が楽しみ!って思える、そのプロセスをみなさんにこれからたくさんお伝えしていきます。

ぐりこ
ぐりこ

これからの記事を乞うご期待!

それでは、みなさんが毎日を楽しく過ごして下さるとうれしいです。

スポンサーリンク