「すきま時間」で見た目年齢マイナス10歳!

アゴや口元の肌荒れがエンドレスでお困りの方へ

スポンサーリンク

こんにちは!ぐりこです。

昨日サロンにいらして下さったお客様の話なんですが、口元がすっごく荒れていて、胃でも悪いのかなと思ったのですが、口元を触ってみたら・・・

ぐりこ
ぐりこ

くちびるの周り固っ!

なんでこんなにくちびるに力入ってんの?

びっくりするぐらい、くちびるに力を入れていらっしゃったんです。

ぐりこ
ぐりこ

口元の肌荒れの原因はこれかぁ

「口に力を入れる」「肌荒れ」

何の関係もないように思われますが、めちゃめちゃ関係しています。

アゴも含め、口元の肌荒れを繰り返してしまう方は、ぜひ最後まで読んでみて下さい。

スポンサーリンク

口元のコンプレックスが、肌荒れの原因だった

例で挙げたお客様は、アゴの大きさに比べて歯が大きく、いわゆる「出っ歯」の方でした。

なので、出っ歯を気にするあまり、いつもくちびるをぎゅっと引き締めているとのこと。

表情筋

くちびる自体には筋肉はありませんが、くちびるの周りには口輪筋という筋肉があります。

くちびるにギュッと力を入れ続けると、口輪筋は凝り固まり、口元は血行不良に。

血行不良になると、いつも言うように老廃物が溜まりやすくなります。

その溜まった老廃物が、口元の肌荒れとして表皮に出てきてしまうのです。

ぐりこ
ぐりこ

このお客様は、ちょうど口輪筋に当たるところが全体的に荒れていたけど、くちびるも皮向けがひどいそうなの!

アゴの肌荒れもコンプレックスが関係している

アゴ周りの肌荒れも、口輪筋と同様にオトガイ筋の凝りが原因でできることがあります。

オトガイ筋はアゴにある筋肉のこと。(1つ前の項目のイラスト参照

下唇や下顎骨を持ち上げる働きがあります。

アゴの大きさに対して歯が大きい方は、口を自然に閉じることが難しいようで、無理に口を閉じようとアゴに力が入ってしまうんです。

そしてアゴ周辺にニキビがたくさんできてしまいます。

アゲハ
アゲハ

わたしの知り合いも、歯が大きいから力を入れないと口が開いちゃうって言ってた。

たしかに、アゴにニキビいっぱいあったな。

これらの肌荒れを解消する方法はただ1つ、口元に力を入れないようにすることです。

でも、コンプレックスのために口元に力が入ってしまう場合は、実際どうしたらいいのでしょうか?

スポンサーリンク

コンプレックスをなくして肌荒れを解消

出っ歯や、出っ歯ではないけど力を入れないと口が閉じにくい方が、その悩みを解消したい場合、歯列矯正をするしかありません。

顔が小さい方は生まれつきアゴも小さく、その小さいアゴにキャパシティを超えた大きい歯が並んでしまっているために、出っ歯、もしくは口が閉じにくくなるのです。

なので歯列矯正をする場合も、アゴのキャパシティに合うよう、歯を抜いて矯正をする必要があります。

アゲハ
アゲハ

お金はかかっちゃうけど、ずっとコンプレックスを抱えて生きていくよりは、悩みを解消する選択をしたいかなぁ。

ぐりこ
ぐりこ

歯の矯正は美容整形と違って、不正咬合の解消にもなるしね。

自然に笑えるようになるって、すごく大切なことだと思う!

費用が掛かるから気軽には勧められないけど、長い人生を過ごすうえで、必要だと思ったらするべき!

なぜ小さいアゴに大きい歯が生えるの?

そもそもの問題。

アゴが小さいなら、それに見合った大きさの歯が生えるのが普通じゃないの?

わたしもそう思いますが、そうはいかないみたいです。

これは遺伝に関係してきます。

例えば、大きい歯の遺伝子を持つ父親と、小さいアゴの遺伝子を持つ母親。

この2人の間に生まれた子供は、両親の遺伝子を引き継ぎます

そこで、小さいアゴの遺伝子と、大きい歯の遺伝子を引き継いでしまった場合には、アゴの大きさに対して大きすぎる歯が生えてきてしまうのです。

遺伝は好まない部分を引き継ぐ場合もあります。

ぐりこ
ぐりこ

わたしも爪が大きくて、もっと小さい爪だったら、もっと女性らしい手元になれたのにって思うよ。

でもそれはしょうがないことですし、口元は何とかできる部分なので、ご家族と話し合って歯列矯正を検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

それでは、本日のおさらいをしていきましょう。

今日の要点
  • 口元の肌荒れの原因は、口元に力を入れすぎているために起こる場合がある。
  • 口元に力を入れすぎると、口輪筋やオトガイ筋が凝り固まり、その周辺の血行が悪くなる
  • 血行が悪くなった箇所には老廃物が溜まり、それが肌荒れとして表皮に現れる
  • 肌荒れを防ぐには、口元に力を入れないようにすればよい。
  • コンプレックスがあって口元に力が入ってしまう人は、歯列矯正などでコンプレックスを解消するという選択肢がある。

以上、いかがでしたでしょうか?

口元に力が入ってしまう原因として、ストレスが影響する場合もありますので、ご自身の状況と照らし合わせて肌荒れの原因を考えてみて下さい。

どのような理由であっても、口元に力が入っているのであれば、力を抜くことで肌荒れは自然と治ってくるはずです。

癖になってしまっている場合は直すのが難しいかもしれませんが、がんばって脱力するよう意識してみて下さい。

アゲハ
アゲハ

次回は「大人ニキビは顔凝りが原因かも!」をお送りします。

繰り返される大人ニキビは、表情筋の凝りによって、顔に老廃物が溜まっているからかもしれません。

その原因と対処法についてお伝えしていきます。

それではこのブログが、みなさんのコンプレックス解消のきっかけとなれたらうれしいです!

スポンサーリンク