「すきま時間」で見た目年齢マイナス10歳!

エフカイピルボックスで絶景を満喫!

スポンサーリンク

こんにちは!ぐりこです。

ハワイに行ったらハワイでしか見れない景色を観たい!

それならピルボックスに行ってみてはいかがでしょうか?

ピルボックスは戦時中に作られた防御陣地で、敵の動きを監視するために高台に作られているので、とても見晴らしがいいんです。

ピルボックスはいくつかありますが、こちらではノースショアにあるエフカイピルボックスを紹介します!

スポンサーリンク

エフカイピルボックスに行くには?駐車場は?

エフカイピルボックスはノースショアにあり、ワイキキからは車でおよそ1時間ほどです。

ハイキングコースの入り口はサンセットビーチ小学校の駐車場横にあります。

この看板が目印です。

ツアーを利用せずレンタカーで行く方は、駐車場が近くにあるのでご安心ください。

駐車場はハイキングコース入り口前か、通り沿いにあります。(小学校の駐車場には停めないように注意!

公園にトイレがあるので、ハイク前に済ませておくと安心です。

けっこう急で滑りやすいハイキングコース

ピルボックスの中でも、エフカイピルボックスは登りやすいと言われていますが、足腰が弱い方は注意が必要です。

わたしたちは晴天の日に行きましたが、道中足元がぬかるんでいるところが多く、すごく滑りやすかったです。

スニーカーが泥だらけになって、洗わなければいけないほどになりました。

晴れていても木々に覆われて日が当たらないので、地面が乾きにくいみたいです。

なので、サンダルではなく、汚れてもいいスニーカーなどで行くことをおすすめします!

また、登りはまだいいのですが、下りはかなり滑りました

急な斜面はロープがありますが、つかまりながらも3回ほどコケました(ー ー;)

ぐりこ
ぐりこ

途中でご家族に手を引かれて登っている年配の女性を見かけましたが、帰り無事にくだれるのか、とても心配になったよ。

アゲハ
アゲハ

くだってる人とすれ違ったときも「5回も滑って転んだ!」って言ってる人もいたよね。

なので、ご自身のお身体と相談して登って下さいね。

スポンサーリンク

登りきったら絶景が!

30分ほど登ったら1つ目のピルボックスに着きました!

わたしたちはガイドのRisaさん(写真真ん中)に連れてきてもらいました。

こちらからも素晴らしい景色が望めますが、2つ目のピルボックスにも行きたい!

でも辺りを見回しても、2つ目のピルボックスへの案内は見当たりません

そのまま海を左手に進みます。

そうすると5分くらいかな?2つ目のピルボックスに到着!

ぐりこ
ぐりこ

そうそう!この景色が見たかったの!

ラッキーなことに、この時この場所にはわたしたちしかいなくて、海を見ながらしばしノースショアの空気に浸ることができました。

ガイドを頼んだRisaさん

ノースショアに行くのに、オアフ在住のRisaさんにガイドを頼みました!

アゲハ
アゲハ

女性のガイドさんは珍しいよね!

Risaさんにガイドをお願いした理由は、年齢がわたしたちと近かったので勝手に親近感を感じたのと、女子旅の雰囲気をガイドさんとともに味わいたい!と思ったからなんですが、ここで思ってもいなかったサプライズが!

なんとピルボックスに着いてドローンで撮影してくれたのです!

(ドローン撮影できるとは書いてありましたが、有料なんだろうと思っていました。)

Risaさんは趣味でドローンを飛ばしていますので、撮影料は無料ですよ!

1分程度の空撮でも、すごく貴重なお土産をいただいた気分でした!

通常ドローン撮影を頼む場合には費用が掛かりますので、ちょっとした旅の思い出に頼みたい方は、こうやって趣味でドローンを飛ばしている方にお願いするのもアリだと思います。

ぐりこ
ぐりこ

Risaさんにお願いする場合はBUYMA TRAVEL(ハワイno色々さん)から申し込めますよ(*’ω’*)

Risaさんは小さいお子さんがいらっしゃるので、ガイドは夕方までしか頼めませんが、日中お出かけしたい方にはおすすめです!

スポンサーリンク

まとめ

以上、いかがでしたでしょうか?

エフカイピルボックスに行く方の参考になればうれしいです。

最後に補足ですが、映像を観ていただけるとわかるとおり、ピルボックスは眺めがいいところにある分、事故が起きやすい場所でもあります。

絶景を目の前にして、気持ちが昂るとは思いますが、はしゃぎすぎて危険な目に合わないように、くれぐれも気を付けて下さいね。

アゲハ
アゲハ

次回は「おでこのシワをなくす方法」をお送りします。

眉を上げたときにおでこのシワができてしまう方は、顔の筋肉の使い方を変えればなくなります

その理由と方法をお伝えしていきます。

それではみなさんが、たくさんの思い出に残る日を過ごして下さるとうれしいです。

スポンサーリンク