だれでも育てられるきれいのタネ

老化の進行を左右する!主観的年齢とは?

スポンサーリンク

こんにちは!ぐりこです。

みなさんは自分が今の年齢を考えた時に“まだまだ若い!”と思いますか?

それとも“歳とったなぁ~(´;ω;`)”と思いますか?

この、客観的に見たときに感じる自分の年齢や、気持ちの若さを表すものを主観年齢といいます。

主観年齢は、ただの考えや感じ方ですが、この考えが身体に大きな影響を与えると言われています。

スポンサーリンク

誰でも同じように歳をとるわけじゃない!

もし、実年齢とは関係なく今の自分の年齢を表せるとしたら、みなさんはご自身を何歳だと思いますか?

ぐりこ
ぐりこ

ちゃんと今の自分と向き合って年齢を考えてみてね。

実年齢より若く考える方もいると思いますし、年相応と考える方もいると思います。

じつはその考えの差が、誰でも同じように老化するわけじゃないという研究の元になっているんだそうです。

「中高年の主観年齢が実年齢と比べてどれだけ若いかは、次に何をするかという、日常や人生に関わる重要な決定を左右するかもしれない」

ブライアン・ノセク

これは米バージニア大学のブライアン・ノセク氏の言葉です。

自分が若いかそうでないかを考えることが日常生活に影響するって、わかりますか?

服装・趣味・仕事・日々の過ごし方など・・・、主観年齢をどう捉えるかによって、いろいろな面で選択するものが変わってくるということです。

アゲハ
アゲハ

たしかに、わたしも服装は年齢をベースに考えることはあるかもなー。

ポジティブな面だと、身体鍛えてるから若い子よりもスタミナあるとか、スタイルいいとか、そういう考えのことなのかな。

そう、じつはこれが健康や寿命に大きな影響を与えているというんです(゚д゚)!

自分が若いと思えば、病気になりにくくなり寿命も延びる!

自分が実年齢より若いと感じていると、寿命が延びたり、病気になる確率も低くなるそうです。

これは、精神面で心が健康になりやすいからだそう。

アゲハ
アゲハ

確かに「自分は若い!」って思ってればアクティブに行動しそうだし、身体を動かす時間が多くなって、病気にもなりにくそうだね!

アクティブに活動することは肉体的にも若さを保てそうですよね。

そして、わたしはそれに加えて、ホルモンの分泌も関係するのではないかと考えています。

スポンサーリンク

若さも健康も保つ、幸せホルモン

ホルモンはわたし達の身体から自分の意思とは関係なく分泌されるものですが、ホルモンの分泌には日常の過ごし方やメンタルが影響することはご存じですか?

イライラすると分泌されるホルモンもありますし、反対に幸せを感じていると分泌されるホルモンもあります。

ぐりこ
ぐりこ

自分自身を若いと思うことは、ポジティブな考えになりやすいと思うし、幸福を感じているときに分泌されるホルモンがたくさん身体を巡りそうだよね。

幸福を感じているときに分泌されるホルモンは主にこの2つです。

セロトニン

セロトニン」はストレスに対して効能があるホルモンで、精神安定剤とよく似た分子構造をしています。

朝の日光浴やウォーキング・サイクリングなどの「一定のリズムを刻む運動を繰り返し行う」と分泌が促されると言われています。

オキシトシン

オキシトシン」は心に安らぎを与え、気持ちを前向きにしてくれるホルモン

“母性”と深い関係があり、人やペットとのスキンシップ・人のために何かをする・人を思いやる・親切にするなどの行動により、オキシトシンの分泌が促されると言われています。

これらのホルモンがたくさん分泌されると、良質な睡眠がとれるため、成長ホルモンがしっかり分泌されます。

それが若さや健康を保つカギとなるのです。

成長ホルモンの分泌は思春期にピークを迎え、それ以降は年齢とともに低下しますが成人後も分泌され続け、代謝を調節するなど健康を維持する重要な役割があります。

そしてその1つに、美肌成分(うるおい成分やコラーゲン)の生成を促す役割もあるのです。

ぐりこ
ぐりこ

成長ホルモンと美容の関係については、こちらの記事にさらに詳しい内容が載ってるよ。

犬と遊ぶ女性 幸せホルモンが肌を美しくする!

まとめ

それでは、本日のおさらいをしていきましょう。

今日の要点
  • 客観的に見たときに感じる自分の年齢や、気持ちの若さを表すものを主観年齢という。
  • 主観年齢が実年齢より若いと感じていると、寿命が延びたり、病気になる確率も低くなると言われている。
  • その理由として、ホルモンの分泌が関係しているかもしれないと、ぐりこは考える。
  • 幸福を感じているときに分泌されるホルモンがたくさん身体を巡ると、良質な睡眠がとれるため「成長ホルモン」がしっかり分泌される
  • 成長ホルモンは代謝を調節したり、うるおい成分やコラーゲンの生成を促す役割もある
  • 以上から、主観年齢が若いと感じることは、美容にも健康にもいい影響があると言える。

以上、いかがでしたでしょうか?

自分の年齢を若いと考えるだけ健康になれたり、美容面にもいい影響があるのであれば、それってすごいことですよね

アゲハ
アゲハ

自分はまだ若いと思えれば社交的にもなれそうだし、反対に老けてしまったと思えば、引きこもりがちになって精神的にもよくなさそうだもんね。

思った以上に、メンタルが健康や美容に与える影響は大きいということ。

考え方ひとつで人生が左右されるなら、少しでもポジティブに生きませんか?

ぐりこ
ぐりこ

美容面でポジティブになれるきっかけは、このブログに転がっているはず!

これからもどんどん、みなさんがポジティブになれるような種をまいていきたいと思います。

アゲハ
アゲハ

次回は「アンチエイジングには良質な睡眠を!」をお送りします。


ここまでお伝えしている通り、睡眠はただ身体を休めるだけではありません!

睡眠の質は、美容にも健康にも、大きな影響を与えます。

次回は良質な睡眠をとるために必要なのは何かをお伝えしていきます!

それではみなさんが、ポジティブに若々しく過ごして下さるとうれしいです!

スポンサーリンク