「すきま時間」で見た目年齢マイナス10歳!

酸性ストレート(縮毛矯正)レポート

ストレートパーマ

スポンサーリンク

こんにちは!ぐりこです。

昨日美容室で前髪のみ酸性ストレート(縮毛矯正)をしてきたので、レポートいたします。

気になっている方は要チェック!

スポンサーリンク

酸性ストレートとは

まず酸性ストレートとは!

通常の縮毛矯正アルカリ性の薬剤を使いますが、酸性ストレート酸性の薬剤で髪の毛を真っ直ぐに施術するメニューです。

髪の毛はお肌と同じ弱酸性です。

なので、アルカリ剤使う縮毛矯正では髪の毛へ負担がかかり、ダメージになりやすいというのがデメリットでした。

酸性ストレートでは、髪と同じ弱酸性の薬剤を使う事で髪への負担を最小限に抑えつつ、アイロンによる熱処理を工夫する事で、くせ毛をしっかりとストレートヘアにする事ができるそうです。

酸性ストレートの詳しい説明は、原宿にある美容室Cura(クーラ)さんのホームページに丁寧に記載されているので、こちらを参考にしてみてください。

わたしの担当美容師さんの説明によると、酸性ストレートはアルカリ剤を使うよりもストレートにする力が弱いため、髪がシャキーン!となりすぎず、自然なストレートヘアになるとのこと。

ぐりこ
ぐりこ

デメリットをメリットととらえるんだね!

実際の仕上がりの比較

わたしは普通のアルカリ剤を用いた縮毛矯正をかけると、このようにカッパかってぐらい髪がシャキーン!となります。(出典 Mataku Hair より)

これではせっかく髪がストレートになっても、モチベーションは全く上がりません

なので、しばらく縮毛矯正はやめていたのですが、担当美容師さんがわたしのような難しい髪質だからこそ、酸性ストレート試してみる価値がある!という事だったので、これを機に試してみることに!

9月8日に前髪のみ酸性ストレートをかけて、その日の夜のお風呂上がりに普通のドライヤーで髪を乾かしただけの図。

前髪自然なストレート

カッパじゃなーい(*’ω’*)

前髪以外は5月中旬に酸性ストレートかけているため、もううねりがだいぶ出ています。

8月中旬にはうねりが出ていたので、酸性ストレートもって3ヶ月ってところでしょうか。

ぐりこ
ぐりこ

でも何もしていない時よりはマシな感じがするよ。

寝て起きればもっと落ち着くけど、ボトムは外跳ねしちゃう。

スポンサーリンク

髪が傷まない!

アルカリ縮毛矯正をした後は髪がバッサバサになり、せっかくストレートにしても髪が傷みすぎて汚くなるので、結局切る羽目に。

まさにお金をどぶに捨てている状態。

ですが!

酸性ストレートはその後にブリーチしてもへっちゃら!

少しカラーリングするぐらいなら当然問題なく、ブリーチ部分乾いた状態なら手触りもサラサラです!

髪が濡れた状態でも、少し引っかかるくらいです。

ぐりこ
ぐりこ

わたしは本当に髪が細くて傷みやすいから、ロングヘアにすらできないの。

なのに!セミロングでこのサラサラ感

縮毛矯正かけたいけど、傷むのが気になっちゃうって方は、酸性ストレート、とてもおすすめだよ!

まとめ

では、今日のおさらいをしていきましょう!

今日の要点
  • 縮毛矯正にはアルカリ性のものと、酸性のものがある。
  • 髪は弱酸性なので、酸性の薬剤を使う方が髪へのダメージが少ない
  • ブリーチをしている髪にも負担少なく矯正をかけることができる
  • 酸性ストレートはストレートにする力が少し弱い分、自然な仕上がりになる。
  • 持続性はアルカリ剤の縮毛矯正よりも短い

以上、いかがでしたでしょうか?

酸性ストレートをかけるか迷っている方や、酸性ストレートのことを初めて聞いた方の参考になればうれしいです!

アゲハ
アゲハ

酸性ストレートは難しい施術だから、美容師さんの腕も影響するみたい。

だから、信頼できる美容師さんにお願いしたほうがいいかもしれないね。

ぐりこ
ぐりこ

そうだね!

お店の口コミも参考にしてみるといいね。

さて、次回は「ハイフ!リスクとリターン」をお伝えしていくよ!

それでは、みなさんが毎日を快適に過ごせるようになるとうれしいです。

スポンサーリンク