「すきま時間」で見た目年齢マイナス10歳!

知らなきゃ損!美肌に近づくイソフラボン

大豆

スポンサーリンク

こんにちは!ぐりこです。

前回は美肌ホルモンについてお話ししました。

ぐりこ
ぐりこ

美肌ホルモンとは、女性ホルモンである「エストロゲン」なんだけど、40代半ばごろから急激に減っちゃうよ。

でも「イソフラボン」を摂るとエストロゲンの減少に対応できるよっていう内容だったよ。

美しい女性 美肌ホルモンでふっくらお肌に!

今日はこのイソフラボンについてさらに詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

イソフラボンには2種類ある

イソフラボンには「グリコシド型イソフラボン」と「アグリコン型イソフラボン」と2種類あって、大きな違いはイソフラボンが糖に包まれているか否か

・グリコシド型イソフラボン糖に包まれている分子が大きい吸収されにくい

アグリコン型イソフラボン糖に包まれていない分子が小さい吸収されやすい

糖に包まれている「グリコシド型イソフラボン」は分子が大きいため体内に吸収されにくく、摂取量の20%程度しか体内に取り入れられません。

反対に糖に包まれていない「アグリコン型イソフラボン」は分子が小さいので、グリコシド型イソフラボンよりも3倍、効率よく体内に吸収されます。

食事で摂れるイソフラボンはどっち?

味噌醬油などの発酵食品はアグリコン型ですが、それ以外の大豆製品のほとんどは「グリコシド型」、体内に吸収されにくいほうです。

でも、消化の過程で腸内細菌の働きにより糖が外れてアグリコン型」に変化します。

ただ、腸内細菌の働きは腸内環境など個人で差があるため、人によって吸収できる量が違ってきてしまいます。

ぐりこ
ぐりこ

腸内環境がよくない方は、ほとんどのイソフラボンがアグリコン型に変化されない場合もあるみたいだよ。

でもご安心ください

腸内環境が悪い方でも、イソフラボンを「アグリコン型」で摂取できる方法があります!

それはサプリメントの活用です。

スポンサーリンク

おすすめイソフラボンサプリ

イソフラボンを効率よく摂取したいなら、サプリメントに頼るのが簡単です。

イソフラボンのサプリには、最初から「アグリコン型」になっているものがあります。

ディアナチュラ

こちらは1日1粒でイソフラボンが手軽に補えます。

コラーゲンと乳酸菌も一緒に摂取できます。

DHC

1日2粒で1日の目安量を摂取できます。

イソフラボンの働きをサポートするラクトビオン酸や、葉酸も含まれています。

ラクトビオン酸はオリゴ糖の一種で、腸内細菌の餌となって、腸内細菌のはたらきを助けます。
大豆イソフラボンは、腸内細菌によってエクオールという効果的な成分に変換されるため、ラクトビオン酸は大豆イソフラボンの利用効果を高めます。

シードコムス

こちらもラクトビオン酸と葉酸が含まれていて、1日1粒の摂取とお手軽にイソフラボンを補えます。

イソフラボンの1日の摂取量は70~75gですが、サプリメントでのイソフラボン摂取量は1日30gが目安とされています。

イソフラボンのサプリもたくさん種類がありますが、お手頃価格で続けやすいものを紹介させていただきました。

食事でもイソフラボンを補おう

そうは言っても、やはり食事から摂るイソフラボンをおろそかにしてはいけません!

サプリメントを活用しても1日のイソフラボン摂取量の半分弱しか補えていないですし、やはり健康は食から

おいしくたべて、きれいをつくるのも大切です。

お味噌はアグリコン型イソフラボンなので、お味噌汁を飲んだり、お豆腐をつかった献立をちょこちょこ食卓に並べるのもいいですよね。

アゲハ
アゲハ

お豆腐は節約メニューにも活躍するよね!

ぐりこ
ぐりこ

わたしはシリアルに豆乳をかけて食べているけど、普通に飲むよりも豆乳の風味がそんなにしないから、豆乳が苦手な方にもおすすめだよ!

あと、きな粉トーストも好き♩

給食のきな粉パンを思い出すよー。

スポンサーリンク

まとめ

それでは本日のおさらいをしていきましょう。

今日の要点

  • イソフラボンには「グリコシド型イソフラボン」と「アグリコン型イソフラボン」の2種類がある。
  • グリコシド型は体内に吸収されにくく、アグリコン型は吸収されやすい。
  • 味噌や醤油などの発酵食品からはアグリコン型が、それ以外の大豆製品からはグリコシド型が摂取できる。
  • アグリコン型イソフラボンを効率よく摂取するにはサプリメントがおすすめ。
  • サプリに頼りきるのではなく、自然の食品からイソフラボンを摂ることも大切

以上、いかがでしたでしょうか?

エストロゲンの減少におびえていた方は、少し安心したのではないでしょうか。

イソフラボンの理想の摂取量を毎日意識するのは大変ですが、少し意識することはできますよね。

日本食は大豆製品を摂りやすいですし、これを機に和食のよさを見直すものいいかもしれませんね(*’ω’*)

アゲハ
アゲハ

次回は「イソフラボンのサプリのエクオールって何?」をお送りします。

ぐりこ
ぐりこ

イソフラボンのサプリを検索するとエクオールって出てくるんだよね!

イソフラボンとどう関係があるの?という方に丁寧に解説します。

それではみなさんが、きれいに歳を重ねてくださるとうれしいです!

スポンサーリンク