だれでも育てられるきれいのタネ

背中ニキビの目からうろこな原因

背中ニキビ

スポンサーリンク

こんにちは!ぐりこです!

今日は大人も悩む背中ニキビについてお伝えしていきたいと思います。

わたしも20代のころからずーっと悩んでいましたが、最近やっと悩みが解消されました!

内容が半分くらい個人的見解となっておりますが、参考になる方も多いんじゃないかなって思います。

ぜひ最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

背中ニキビはなぜできる?

背中ニキビができる要因は色々ささやかれていますが、製薬会社のホームページや一般に広まっている内容を簡単にまとめてみました。

一般的見解

  • 皮脂や汗
  • ヘアトリートメントなどの付着
  • 不規則な生活
  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 肌の乾燥

他にもみなさんが思い当たるものがあれば、各々一般的見解として含めてみてください。

では次にわたしが考えるニキビの要因です。

ぐりこ的見解

  • ストレスや自律神経の乱れ
  • 背中のコリ

普通に清潔にしていればこの2つのみ。

そのうち一般的には背中ニキビの原因とは思いもよらないであろう背中のコリ

これが本日のテーマです。

背中ニキビには背中のコリが関係している!

最近、確信しました。

ぐりこ
ぐりこ

サロンに来るお客様の中に背中にニキビがある方がいるけど、確かにみんな背中がカチカチだし、無関係ってことはなさそう!

わたしが経験した背中ニキビ

わたしが背中ニキビでかなり悩んだのは24歳と、36歳から最近までの6年間。

24歳のころは転職先の職場の人間関係に慣れず、泣きながら家に帰る日もありました。

そのころ、急に背中ニキビが大量にできて、それもツラくて、毎日暗い気分で過ごしていました。

ぐりこ
ぐりこ

これはストレスによるニキビって想像できるね。

職場に慣れたらニキビは徐々にきれいになったのでよかったですが、ストレスの影響ってすごいんだなと思い知らされました。

お次は36歳から最近まで。

36歳、このころ変化したのは仕事の内容。

今までやっていなかったボディケア(いわゆる指圧・マッサージみたいなやつです)をすることになり、パワーがないわたしは少しでも強く押せるようにと必死で施術

すると半年ぐらいしてから肩にニキビが大量発生!

病院でもびっくりされるほどでした。

当時はストレスだろうと、そのうち治るだろうとほっといたのですが、4年経っても治らず。

いい加減治療しようと病院に行っても、一時的には良くなるけど、また再発の繰り返し・・・。

女子力を高めたい!って思い始めた頃だったので、本当になんとかしたいと思い、原因をよーく考えました。

そして最近考え付いたのが力の入れすぎ

マッサージをしているときに力を入れすぎて、肩まわりの筋肉がカチカチにコリ固まってしまっていたんです。

筋肉が固くなる血流が悪くなる①老廃物がたまりやすくなる②ターンオーバーが乱れて古い角質がたまる・毛穴がふさがりやすくなるニキビができる

こんな流れですね。

ぐりこ
ぐりこ

ちなみにストレスでニキビができるときは、黒板の 筋肉が固くなる ストレスがたまる に入れ替えるだけだよ。

ストレスによっても血流が悪くなるよ。

そしてわたしはどのようにしてニキビを治したのかというと、肩に力を入れないでマッサージをするようにした

これだけです。

詳しい話は専門的な話になってしまうので割愛しますが、本当にこれだけなんです。

力のコントロールをしだして10日後くらいから新しいニキビができなくなって、今は4ヶ月経ちニキビ痕が肩に少しはあるものの、だいぶきれいな背中になりました!

スポンサーリンク

原因の見極めと対処法

ニキビの原因はわかったけど、自分はどの原因

それは本当に判断が難しいところです。

精神的な部分においてはわたしは専門外なので、今回は背中のコリが原因でニキビができているかもしれない方の原因判断リストを挙げてみます。

ストレスがある方で背中ニキビがある方も、思いあたる節があるかどうか考えてみてください。

  • 背中のニキビがある場所に、日常的に力が入ってしまう、または力を入れることがある
  • 姿勢をよくしようと胸を張っている
  • 無意識に背中に力が入ってしまう

この3つです。

ではそれぞれ詳しい解説と対処法を考えてみます。

背中のニキビがある場所に、日常的に力が入ってしまう、または力を入れることがある

これはわたしの場合と同じです。

日常的に背中に力が入ってしまうような作業、労働をしている方でニキビがある方は、背中になるべく力を入れないようにすると治るかもしれません。

ちなみにわたしは肩ではなく、お腹に力を入れるように身体の使い方を変えました。

姿勢をよくしようと胸を張っている

背中とは関係ないように思いますが、胸を張る事で背中に力が入ってしまうことがあります。

こういう方は背中や腰が痛くなりやすいので、それも判断基準の1つとして考えてみて下さい。

直し方は、姿勢を整える際に胸を張らないようにして、骨盤や腹筋を使って姿勢を整えるようにしましょう。

詳しい姿勢の直し方は長い話になるので、また後日別記事でお伝えしたいと思います。

無意識に背中に力が入ってしまう

上記の2つに当てはまらない方は、自分では気づいていないだけで、普段から身体に力を入れる癖があるかもしれません。

普段から力が入っている方はそれが普通になってしまっているので、自分で力が入っているとは思っていません。

なので確認が難しいのですが、1度思いっきり背伸びをして一気に力を抜いてみると、脱力のイメージがしやすいと思います。

そこで「たしかに普段から無意識に力が入っちゃってるかも」と思ったら、なるべく力を抜くようにしてみて下さいね。

どのパーツでも1度思いっきり力を入れてから力を抜くと、脱力しやすいです。

ぐりこ
ぐりこ

どの背中コリに対しても解決法は「力を入れない・力を抜く」ってことなんだね!

コリを解消するなら、マッサージに行ってほぐせばいいんじゃないの?と思う方もいるかもしれませんが、それは一時的な効果にしかならないので、ニキビの解消とまでは至らないです。

まとめ

  • 背中ニキビは背中のコリが原因となっている場合もある
  • 背中のコリは身体の使い方が悪かったり、背中に必要以上に力が入ってしまうことで起きる
  • 背中コリの解消には脱力または無理な力が入らないようにすることが大切
  • 背中のコリが解消されれば、ニキビは自然となくなっていく

以上、いかがでしたでしょうか?

わたしの経験を元とした背中ニキビ解消法。

いずれ世の中で背中ニキビの原因の1つとして理解され、みなさんの悩みが解消されやすくなるとうれしいです。

スポンサーリンク